スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告

うまくはいかない。

2011/02/04 (金) 23:07:29
「僕は友達が少ない」という小説が売れているそうだが、それが、現実にそうである人間に愛読されるというのは、なんというか、他人行儀で考えれば皮肉な事である。

正直、作り手の目論見からすれば、読者の自覚症状に訴えかけるタイトルなのではないだろうか。

私のようなリアル友達ナッシングな人間は、その存在を無視できない。

その脳裏に訴えかける手法は、両手で賛美するべきであろう。

私もイラストが気に入らないとか散々な理由をつけてはいるが、こうやって話題に出したりもしていて、結局読んでみたいのである。

まあ、深刻に遠ざけようとするというパターンも無くはないどころか十分にありえるので、そういう人は勇気を出して手にとってみればよいのではないだろうか?

否定感覚から入ると良くないというのは、様々な人間が言っているように、ダメな所はダメなのだからそれはそれで理解して、いいところも考えなければならない。

とどのつまりは思考停止が良くないと言っていて、色々な話をすると結局この結論に回帰するわけである。


さて、話題は川の流れのように変わっていくもので、ここまで言って思いついたことがある。

最近の私は、「かわろうと努力をしている」というと恥ずかしいのだが、色々凝り固まった考え方を撤廃しようとしている。

いや、捨てるわけではないのかもしれないがとにかく、Change!

書いてて面倒くさくなったので此処で終わり。
残念。
スポンサーサイト
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。